アニースローンは空間演出の秀才です  
アニースローンのチョークペイント


 

 

アニー・スローンは空間演出の秀才です

 








 

モルタル造形専門ショップでは「異色」を放つ「Annie Slone チョークペイント」

モルタル造形で、「塗料」と言えば何を思い浮かべますか?
ほとんどの方はエイジング加工に使うものを思い浮かべると思います。
あとは、レンガや擬木などの色付けでしょうか?

モルタル造形専門ショップでも「テクアートカラー」をご用意させていただいています。
エイジング加工に最適で、発色も良い、原色の塗料。
 

でも、アニー・スローンはエイジング加工に使う塗料ではありません。
一般の方が「塗料」と言われたら思い浮かべるであろうDIYの時に使用する塗料と同じです。

 

では何故、モルタル造形専門ショップで取扱っているのか?


アニー・スローンのチョークペイントは、私たちが一目惚れした塗料。

それはモルタル造形に併せて壁や家具、小物等を塗ると広がる空間演出に特化している塗料だと感じたからです
モルタル造形だけでは表す事の出来ない、全体の空間演出。
 

皆様にお勧めする、モルタル造形専門ショップならではのアニー・スローンをご覧下さい!

 

空間演出その4 壁と戸棚

  空間演出 No.1  

・・・・・壁・・・・・

No.32 グラファイト

○ POINT ○
黒すぎないグラファイトを使用してモダンな空間が仕上がります。和テイストにもピッタリです!

・・・・・戸棚・・・・・
 
No.3 ダックエッグブルー
No.1 オールドホワイト
クリアワックス

○ POINT ○ 
ロココ調のフレンチインテリアの定番イメージカラー!
 調和のとりやすい色合いなので、使いやすくオススメの色です。




 

空間演出その1 扉

  空間演出 No.2  

・・・・・扉・・・・・

No.31 スカンジナビアピンク
No.5 バーガンディ
ダークワックス 

○ POINT ○
あっさり目のエイジング加工をしたモルタル造形に、あえて濃い目の色をチョイス!

塗料を厚めにのせた部分に、ブラックワックスを使う事でオールド感を演出しています。










 

空間演出その2 テーブル

  空間演出 No.3  

・・・・・ボレー・・・・・

No.18 アムステルダムグリーン

○ POINT ○
薄めに塗ったあと、サンドペーパーとナイフ等で傷をつけながらダメージ加工する事で、モルタル造形との経年劣化の調和をとりました。

・・・・・テーブル・・・・・

No.6 ナポレオンブルー
No.42 アルル
クリアワックス

○ POINT ○
シャビーな空間にインパクトのあるブルーのテーブルでアクセントをプラス!
アールヌーボー調の枠はオリジナルステンシル!




【実際に塗ってみた】



空間演出その3 テーブル

  空間演出 No.4  

・・・・・丸テーブル・・・・・

No.5 バーガンディ
No.2 シャトーグレー
クリアワックス

○ POINT ○
下地にインパクトのあるバーガンディーを使い、重ね塗りでは落ち着いたシャトーグレーを使用することにより、深みのある仕上がりにしました。

サンドペーパーでヤスリがけをして、うっすらとバーガンディが見えるようにダメージ加工を施しています。







 
  • 支払い方法が選べます
  • モルタル造形専門ショップ楽天支店
  • セメントのまとめ買いがお得

LINE@始めました!

お友達登録して頂くと、LINE@で代引注文が出来るようになります!しかもツール等の質問が、し放題♪ぜひ活用してくださいね★

ショップブログ

モルタル造形専門ショップのブログ

Facebook